含水率とは

美容に関心のある女性にはカラコンを愛用している方が多いです。もちろん、なかには通常のコンタクトレンズやメガネと同様視力を矯正するためにつけているという方もいますが、どちらかというとおしゃれがメインな方も多いです。コンタクトを選ぶ基準の1つにはカラーがありますが、他にも含水率という点にも気をつけなければなりません。

コンタクトの含水率とは、そのレンズに含まれる水分がどれだけの割合かを表したものです。水分を含まないハードタイプのコンタクトについては含水率がないため比べることはできません。含水率は50%を超えると一般的には高いと言われています。含水率が高いコンタクトレンズは、酸素をよく通す性質があり、角膜に優しいことが長所です。角膜は涙や空気を介して酸素を取り入れており、コンタクト装着時では空気を介することはできません。そのためコンタクト内の水分を通して酸素を取り入れることになります。

含水率が高ければ目がゴロゴロするといった違和感も少なくなります。一方で含水率の少ないカラコンでは、水分がない分レンズ自体が薄いつくりになっており、比較的乾きにくいことが挙げられます。どちらの含水率が良いのかは使う人によって選ぶ基準は変わってきますがどちらが優れているかはありません。しかし、色や度数の他にも含水率も選ぶ基準になることは覚えておいてください。フォーチュンコンタクト