度数は的確に

カラコンは現在非常に多様な商品が発売されており、愛用者の年齢や使い方も多様化しています。数年前であればカラコンはファッションアイテムのひとつとして、おしゃれのためだけに用いるものでしたが、最近では度入りのカラコンも多数登場し、視力矯正とおしゃれのどちらの役割も果たせるようになっています。自然な色味のレンズも増えていることと、視力の矯正が可能になったことから、普段から学校や職場でカラコンを利用したいと考えていた方や、視力が悪くメガネやコンタクトが必要なためカラコンが利用できなかったという人でも気軽に使えるようになりました。

カラコンには視力矯正ができる度入りのものと、瞳に色をつける純粋なファッション用のものとの2種類があります。瞳の色を変えたいだけであれば度なしのカラコンを装着すればそれだけでオシャレですが、視力がもともと良くなく視力矯正が必要な方は度数入りのカラコンを選ぶようにしてください。購入する際は度数とカーブを表す値に注意して自分に適したものを探しましょう。

これらの数値はどちらも一人一人違うので、自分に合うものがどれなのかを事前に調べておきましょう。もし不一致では装着時の違和感につながってしまいます。度数は自分では計れないので眼科に行って測定しましょう。わざわざ眼科に行くのは面倒くさいかもしれませんが、度数がわずかに違っているだけでも見え方は大きく変わってきます。