まずは眼科へ

視力を改善するだけの通常のコンタクトレンズの場合では、ソフトコンタクトレンズとハードコンタクトレンズの二種類がありました。しかし、カラーコンタクトレンズ、通称カラコンでは全てがソフトタイプとなっています。

ソフトコンタクトレンズは水分を含んだ柔らかい素材でできたものでハードタイプとは大きく異なります。眼の状態によってはハードタイプしか使えない方もいます。たとえ自分の視力が良好であり、度数のないものでも問題ないという方でも自分の瞳がカラコンに適しているかどうかは知っておいたほうがいいです。そのために最初は一度眼科に行って相談してみることをお勧めします。

特にドライアイやアレルギー体質の方は注意が必要です。正しい使用法などをアドバイスを受けておきましょう。そして、覚えておいて欲しいのが眼科の医者の立場からは、カラコンは推奨できないということです。医者の中にはカラコンをつけるなと怒る方もいます。そのため、初心者の方は自分の目がコンタクトをつけられる目なのかを相談した上で度数とベースカーブを教えてもらいましょう。そして、その処方箋をもとにカラコンを売っている店や通販で自分のつけたいカラコンを購入するのがベストです。